So-net無料ブログ作成

2010GW隠岐キャンプツーリング【DAY3】FINAL [2010隠岐-Oki touring]

DAY2より
隠岐諸島上陸3日目、寂しいけどいよいよ最終日を迎えてしまった。

<5/1(DAY3)>
布施キャンプ場から白島崎灯台~尾白鼻展望台(ローソク岩)、
五箇より県道44号でさらに南下、屋那の松原を経由して隠岐空港、
西郷(隠岐の島町)15:10発~七類(松江市)17:35着、本土帰還。

まずは布施キャンプ場を出て県道を北上、小さな集落をいくつも抜け、
原風景を楽しみながら進む。左手に風力発電の施設があったっけ。
緩やかな左コーナーに突如現れた「展望台入口」、少し登れば駐車場。
そこから少し歩きます。5分くらい?ネトウヨ歓喜の看板を尻目に展望台へ。
大山隠岐国立公園白島崎灯台を眼下におさめるロケーションです。
キャンプの焚き火も見ると正直になりますが、この景色はもっと正直になれますよ。

DVC00217.jpgDVC00218.jpg
素晴らしい風景!遮るものは目前の松の木だけ!
海には太陽がゆらめき、眼下では漁に励む小舟がいくつか視界に入る。
感動するといい言葉が出てこない。絶句するほどの風景!もちろんこの展望台も貸切でした。

お次は国道に戻り西へ向かい、ローソク岩へ。
ローソク岩は遊覧船で海から見る方法と上から見る方法の二つがある。
前者は天候に恵まれないと見ることができないうえに結構時間がかかる(と思う)
後者でも展望台から望む島前とローソク岩は十分に見る価値あり。
展望台からは840m歩けば同じ高さまで降りられるみたいですが、逆に登ってくるのも840m・・・

DVC00223.jpgお!ローソク岩に夕陽が!
残念ながらこの日、遊覧船は欠航・・「こんなふうに見えます」看板を激写w
看板ではちょっと迷うので、観光協会で入手した地図が大助かり。
つーりんぐまっぷるの尺では情報が足りなすぎる。
北海道まっぷるの尺が違う理由がなんとなくわかる気がする。




DVC00222.jpg実際は展望台からはこう見えます・・
海が青くてそびえ立つ岩だけでも
見る価値はありますね、個人の捉え方次第ですけどw





次に向かったのは島で一番の感動スポット壇鏡の滝へ。
県道44号を海をナメながら南下する。
ここの道はとても走りやすい。ついついバイクを停めて写真を撮りたくなる風景。
海が棚状になっていたポイントでは停まりたかったが、心に焼き付けて通り過ぎる。
工事中の箇所があり、次に行く頃にはトンネルやバイパスでもっと快適になっているでしょう。

T字路にぶつかり、左折、ダスティーな峠を少し登ると一気に雰囲気が変わる。涼しい。
急に屋久島のような風景に変わり巨木がたくさん現れた。小川沿いの植生はシダ類も確認できる。
日本とは思えない門構えの入口を入り、奥に進む。
お社を通り過ぎ、頭を上げるとそこには感動の風景が広がる!

DVC00232.jpgフハハハハ
見ろ、テフさんがミニチュアのようだ!
はいはいバルスバルスー

見てください、このスケール!
遙か上空から滝が降り注いでいます。
おまけにその滝の裏に回ることができます。
この世にこんな神々しい風景があるなんて。
人の大きさでスケールが伝わると思います!








壇鏡の滝も貸切でしたエヘヘ。。。
滝で感動したあとはお腹が空いたので昼食を摂ることに。
五箇まで戻るには時間がもったいないので、県道44号をとりあえず南下してみることに。
途中、屋那の松原船小屋を見学。

離島とは思えないおしゃれな雰囲気。実際近くで見ると古い建家ですが、
遠くから見るときれいに整列しており、美しい風景を作り出しています。
fune.jpg
ハーバーで海風を浴びたあと、やっぱりお腹が空いたので店を探すことに。

DVC00250.jpg店を探している時にふと撮った写真、
空と海とバイクと山々が旅の雰囲気を伝えています。





そんな折、ふと見つけたアイランドパークに隣接するうみさちで昼食。
DVC00254.jpg岩のりをふんだんに使ったおにぎり(デカい!)と
隠岐そばのコラボをいただきます。
GW臨時メニューでしたが、美味でしたよ~。




昼食のあとはいったんthiefさんと別行動に。thiefさんは再び内陸へ戻り、神社仏閣巡りに。
飛行機が見たかったのとおみやげの買い出しがしたかったので、えびさんと隠岐空港へ。

DVC00264.jpg
ちょうど離陸するJAL機が映っています。

さすが空港、おみやげを買うなら空港の売店が便利ですね~。何でも売ってます。
空港売店のねーちゃんがとっても気さくな方で、えびさんは諭吉さん何人かにお別れ告げましたよ。

DVC00263.jpgここはJALしか飛んでないので、
カウンターもJALだけでしたが、
離島らしいいい雰囲気の空港でした。
ここのねーちゃんも
自分の店以外での買い物もお助けしてくれます。
島に来る人の幸せを常に考えてくれているんですね。

その後、空港駐車場でおみやげをパッキングしていると突如thiefさんから入電。
「オイ!今日ちょっとだけ牛突きやるらしいゾ?!ダッシュでモーモードーム集合!」
ということで買い出しもそこそこに内陸市街地にあるモーモードームへ光速移動。
その道中thiefさんと路上で偶然合流するラッキーもあって一気に現地入り。

DVC00268.jpg入場料1,000円を払って会場入り。
相撲も見たことが無いので
独特な雰囲気に気圧される。




ここを紹介してくれたのはタクヒデさん!
thiefさんとどこかで会ったらしく、貴重な情報提供者!
我々は牛突きはやっていないという認識だったので、なんというラッキーw
旅の一期一会はいつも感動を呼びます。ラットハント情報から観光情報まで。。。
タクヒデさん本当にありがとうございました!

そして始まる牛突き・・・人生で初めて見る生き物と生き物の命すら賭した真剣勝負。
DVC00290.jpg














ゴウッ!ゴウッ!フシュルルゥ!ゴフッ!
鈍い系の音が観客の度肝を抜きます。真剣勝負に見入ります!
15分だけの勝負で勝ち負けをつけないエキシビションでしたが、とっても感動です。
牛突きを見学したあとは、いよいよ島を離れる時間は刻一刻と近づいてくる。

島前~島後とめぐった隠岐の島々、本当に人の暖かさに触れた日々。
昔の日本の気遣いや思いやり、手と手を触れる人付き合い、心通う一言一言の会話。
な~んか忘れてたものを一気に思い出して胸が常に熱くなるツーリングでした。
東京至上主義みたいなのはある種の事実だから全面否定できないんだけど、
不便なら不便で、人間は美しく、
もっと強い風に向かって立っていられることを隠岐の人々から学びました。

人生残り何年かも分からないし、どう過ごすかは人それぞれ勝手だけど、
幸せの定義はとにかく物質的なものじゃないって感じた旅でしたね。

隠岐の人々、フェリー会社の人もそう、出会った方々ももちろん、
素晴らしい人々に触れて、今回のGWはとても有意義なものになりました。
出会った皆さん、本当にありがとうございました。
今後隠岐に旅立つ方が、少しでも情報源としてこの記事参考にしていただけたら幸甚です。

旅の事前準備に役立った!と感じていただけましたらぜひコメントをお寄せください。


※ミラーとして一緒に旅したさんぽ・お散歩ブログもどうぞご覧ください。
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

ksk

お疲れ様でした。
凄いね〜。そのうち本が出来そうだな…

便利⇒なるべくひとりでなんでも…な、街はご近所と触れ合う必要がないんだろうね。
不便だからこそ助け合いが当たり前になってて、思いやりがあるのが普通の人って事になんのかな?

なんかいいね。そうゆうのってさw
by ksk (2010-05-08 05:08) 

yurnet3

>kskさん
社宅じゃんくてアパートに入った途端、
上も隣も誰が住んでるか分かりません・・・新潟でこれですもの。。。

今回は本土編はバイク仲間に、隠岐編は旅人用に書き分けましたよw
この記事を見て隠岐を旅する人が増えたらいいなーと。

さ、今年の夏はどこの離島に行きますか?!
by yurnet3 (2010-05-08 11:04) 

SAY

船小屋とか牛突きとか、島独自の文化があるんだねー。
隠岐はもちろん、島根って未開の土地なのよね。
フェリーでスルーしちゃう地域だから。
いつか旅してみたい土地だわ。

そうそう、山梨に来て、最初は東京ライフが懐かしかったけど
最近はちょいと不便でも庭に出た時に近所の人と話したり
おすそわけしたり、散歩の途中話しかけられたりといった生活が
ささやかながらも幸せなことだなーと思うようになったよ。
特に地元を離れていると自分を気に掛けてくれる人の存在ってありがたいです。
by SAY (2010-05-08 16:54) 

マスゲン

お疲れさまー!
いきなり捕獲しちゃってすいませんね~。
でもサプライズもいいもんよ。

おなじ島でも瀬戸内海にある淡路島小豆島ほかいろいろな島とは、
全然ちゃいますな~。
もう大橋が出来て完全に陸続き、もう本土と変わらんと思う。
(小豆島は別やけど)

人間の温かみは地方によるけど、
隠岐島の方々は本土にない魅力的なものがあったんですね。

ま、ツーリングしていろいろな場所を訪ねるうちに、
自分自身も視野が広くなり器も大きくなるよ。

だからツーリングっていいね。
by マスゲン (2010-05-08 17:51) 

yurnet3

>SAYさま
自分も北陸方面はスルーしがちでしたが、
まさか甲信越方面に転勤するとは思っていなかったので、
離島シリーズも含めて満喫したいと思ってまーす!
ほんと地方に行けば行くほど人の暖かさを感じますね~☆

>マスゲンさん
びっくりしましたよ~
高速道路上でまさか深夜2時に知り合いが来るとは思いませんで(汗
ほんと、ツーリングの良さだけでなく、人の良さが染みたツーリングでした!
また・・・捕獲してくださいねw
by yurnet3 (2010-05-09 20:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。